JA大阪南様にて女性の健康保持増進セミナー開催。男性管理職必見です!

2021年9月6日(月)、誰もが知ってるJA様へ月経ジェントルセミナーへ行って参りました!
大阪南河内を管内とする、「JA大阪南」様からのご依頼です。

JA大阪南様は南河内地区5市3町1村の9JA(大阪河南町、太子、羽曳野市、美原町、千早赤阪、大阪狭山、藤井寺市、河内長野市、富田林市)が合併して平成10年に発足されました。

かなり広い範囲の方々の生活を支えるため、29支店の拠点を構え、地域に根付いた経営を実践しておられます。

職員数は393名、男性230名、女性163名(令和2年4月1日現在※パート従業員を除く)が働いておられます。

今回は29名の支店長様にご出席頂き、「女性従業員の健康保持増進」というテーマでお話をさせて頂きました。
尚、今回は感染症予防の観点からオンラインでのセミナーとなりました。【全国対応できます◎


従業員様の構成がパート従業員まで含めると、半数以上が女性という職場環境で、女性が健康で元気に働ける職場づくりを強化するため、人事ご担当者様が学びの場を設定されました。

女性の生理(月経)について」「女性の働く環境」「生活習慣の重要性」などについて健康経営の観点からお伝えしました。
参加者29名のうち28名が男性でした。

JA大阪南様は令和3年2月に下記のような健康経営宣言をされています。

組合員の営農と生活を守り、利用者の期待する事業活動を展開するためには、まず役職員が心身共に健康であることが必要であると考えます。このため、当組合は一人一人がより健康な状態で生活し、働くことができるよう、役職員の健康増進に積極的に取り組みます。

この宣言にもあるように、「より良い仕事」をするために、働く自分たち自身の「健康づくり」を重要視して積極的に取り組まれている様子がわかります。


管理職の男性が、女性の健康について学ぼうとする姿勢は、健康経営を推進される企業様にあって模範となる実績と言えます。

こちらのセミナーは健康経営優良法人2021(中小規模法人部門)認定要件の

④管理職又は従業員に対する教育機会の設定
⑪女性の健康保持・増進に向けた取り組み

に該当します。

誰もが知っているJA様も取り組む健康経営。
この波に乗り遅れる前に、私たちの船(月経ジェントルセミナー受講)に乗る他はないですね!

お申し込み方法→当ホームページの問い合わせフォームからご連絡下さい。

健康経営お問い合わせ